保育園の保健指導プライベートゾーン 子ども達の反応は?

仕事

こんにちは、ひとりっ子です。

プール開き前に、プライベートゾーンのお話を

4、5歳さんにしました。

準備編での、スケッチブックシアターを使用した保健指導の

子ども達の様子を報告したいと思います。

保育園看護師の保健指導「プライベートゾーン指導」準備編
こんにちわ、ひとりっ子です。園長から、「プライベートゾーンの指導を4、5歳児さんにお願いしたい。」と言われました。聞き慣れない言葉に最初は戸惑いましたが、調べてみると色々なことがわかりとても重要な指導だと感...

プライベートゾーンの話

まず、プライベートゾーンについて

スケッチブックシアターを使用して説明しました。

今回は、プールがはじまるので着替え方を重点的に話しました。

水着で隠れた部分がプライベートゾーンだと、

ポスターを見せて説明します。

「水着で隠れる部分は見せちゃダメだから

どうやって着替えようか…」と質問すると

「バスタオルで隠しながら着替えればいい!」

「下から順番に着替えればいいんじゃない。」

など、いろんな意見が出てきました。

「お風呂入る時、練習する〜」と言う子まで。

興味は持ってくれたようです。

今後の課題

今回はプライベートゾーンの入り口ほどしか説明できていないので

もう1回、保健指導を行える時間を作りたいと思います。 

プライベートゾーンが、自分の大事な場所と言う事は

わかったみたいなので

こんどは、性犯罪や、性暴力についての説明まで

しっかり指導できるよう、資料集めをしていきたいと思います。

嫌な時はイヤ!って言おう

もし、お家の中でも、保育園でも、お外でも

プライベートゾーンを触られて、イヤだな!と思ったら

大きな声で「イヤッ!」と言おう。

声が出ない時は、走って逃げましょう。

と説明すると

大半の子ども達は、「はーい!」と元気よく返事をしていましたが

俯いている子もいました。

イヤなことをされても、イヤといえない大人しい子達です。

個人的に、お話ししていこうと思いました。

プライベートゾーン以外の場所も大事

自分の大事な場所は、プライベートゾーンだけではありません。

全部大事なんだよ。と説明しました。

「あたりまえじゃん」と発言があったのは、ちょっと嬉しかったです。

ちょっと話がずれるかもしれませんが

自分を大切な存在だと認識できているということは

自己肯定感が高いから…

私が1番子ども達に身について欲しいのがこの、自己肯定感なので。

最後に

子ども達が、プライベートゾーンを理解して

自分のことを大切にできる子になってくれると良いなぁ。と

改めて感じました。

プライベートゾーンを学ぶことで、自己肯定感の高め方も含めて

保健指導ができたらと思いました。

性犯罪や性暴力を受けている子ども達は、思いのほかたくさんいます。

子ども達が被害者にならない為に大人が出来ることを出し惜しみせず

指導していく必要があると思います。

自分の体は自分のもの、大事な場所。

と理解してくれて、自分を大切にできる子になれば

他人の痛みも理解できる、優しい子に育つと思います。

コメント