【これで解決】子どもの寝かしつけにうんざり。保育園での寝かしつけを5つ紹介!

子育てのヒント

こんにちは、ひとりっ子です。

保育園でよく相談されるお悩みが、寝かしつけ。

なかなか寝てくれない。

寝かしつけに1時間かかって、へとへと。

夜何度も起きてします。など悩みは様々です。

私も初めて乳児院で寝かしつけを経験した時は、「なんで寝ないの!」とイライラしたのを思い出します。

保育園・乳児院で寝かしつけ歴10年の私が、現在進行形の寝かしつけ方法を紹介したいと思います。

寝かしつけの種類

寝かしつけも月齢だったり、個人差だったりがあるので

コレがオススメ!とハッキリ言えません。

いくつか保育園や乳児院で試していた方法をご紹介します。

  1. 立って抱っこ編
  2. 座って抱っこ編
  3. 王道のトントン編
  4. 顔・頭なでなで編
  5. そばにいるよ編

立って抱っこ

主に0歳。抱っこが当たり前の月齢さんです。

抱っこも、横抱き、縦抱きと好き嫌いは分かれます。

あと、横振り、縦振りも好きずき。

私は、首も座ってハイハイしているくらいの子なら

しっかり密着させて横抱きにして大人が大きく腰を回して

リズムを取ります。子どもの目を見ると寝れない子もいるので

私は基本、ねんねするよ。と声をかけたらあとは宙を見上げて無になります。

泣いている時は縦にトントントントントンと、ロックのリズムを刻みます。

大人が膝を使って上下に動くやつです。

すると意外と泣き止みます。泣き止んだら横に振る。で寝ます。

座って抱っこ

いうまでもない、座って抱っこして、ゆらゆら…

大きくなってもできる寝かしつけですよね。

ちょっと不安な時とかに、

「抱っこしてあげる。」って抱っこでねんねできたら

子どもの不安もなくなる事でしょう。

ただ一つ問題が…

背中スイッチ問題。

立って抱っこも座って抱っこも寝かしつけることに成功しても

いざ、お布団へって時に失敗してまた1からやり直し…ってこと

経験したこと多い人たくさんいると思います。

保育士さんでも、背中スイッチで悩まされている人多いです。

これ、コツがあるんです。

文字だと説明しにくいのですが

私がしているのは、お布団に寝かす時に

まず、お尻(下半身)を下ろしたら、背中と胸を少し強めに押さえながら

横向きに寝かします。ゆっくり背中の手を離しトントンしながら

仰向けにします。

この時胸に置いた手はちょっと強めに胸を押さえてください。ちょっとですよ。

仰向けになったらお胸をトントン。で大丈夫。

王道のトントン

トントンも、3ヶ月くらいまでの赤ちゃんだと、

お股をちょっと強めにトントンすると寝ていくパターンが多いです。

ゴロンして、お胸をトントン背中をトントン王道ですね。

トントンこそ個人差が激しいのでその子に合ったトントンを

色々試しながら見つけてください。

保育園でも、色々試しながら寝かしつけに挑戦しています。

優しいトントン、強めのトントン、高速トントン、両手でトントン

とりあえず、思いつくトントンを書いてみました。

頭、顔ナデナデ

トントンよりも、意外とよく寝るのがコレ。

寝付きに暴れる子や泣く子はコレ!意外といいかも。

動いていても、頭クシャクシャって触っているとしばらくすると静かになります。

大人しくなったら、優しく頭や顔、耳などを触っているとストンと寝ます。

あと、目に見えるもので気が散って寝れない子には

手で目元を隠しながら前髪、おでこをナデナデします。

この時、顔を覗き込んではいけません。

宙を見上げて無でお願いします。

時間はかかるかもしれませんが、ほとんど成功します。

トントンで、暴れる時はダブル使いで試してみてください。

そばにいるよ

ただ単に、横に座っているだけという簡単な寝かしつけ!

保育園だと、寝かしつけの大変な子から寝かせます。

すると、トントンしてないのに横に座ってただけなのに寝ていく子がいます。

意外に毎年います。でも、隣にいないといつまでも寝ません。

ただ、横にいるではなく狭いよ!ってくらいくっついて横にいます。

まとめ

私も、乳児院で働き始めた頃は保育経験もなく1歳児を16人

1人で寝かさなくちゃいけなくて

初めての夜勤は、悔しくて泣いた記憶があります。

とにかく寝てくれない。走り回るし、興奮して大声で話し始めるし。

先輩保育士に寝かしつけのコツを聞いたり、本や、YouTubeで勉強して

今では寝かしつけが1番好きになりました。

あんなに騒いでいた子が天使のように寝ている姿に幸せを感じます。

また今夜も寝ないのか…とどんよりすると

子どもには伝わってしまいます。

思い詰めてしまったら、もう!好きにして。寝ないの上等!

くらいの気持ちでいると、意外と寝ていくものです。

乳児院で、大晦日に夜勤だった時

今日ぐらいいいよね!と思い、お布団は敷いて子ども達と一緒に紅白を見ました。

でも、子ども達はすぐに自分の布団でゴロゴロしながら寝て行きました。

いつもは戦場のような寝かしつけですが…

大人の気の持ちようもあるのかなぁと思い知らされました。

なかなか寝なくてイライラする気持ちは

痛いほどわかります。

とにかくいろいろ試してみて下さい。

暴れても、泣いても「はいはい」って言いながら宙を見つめて無でトントンやナデナデ

してみるとお子さんも「あれ・・・遊んでくれないんだ。つまんない」って思って

寝ていくかもしれません。

コメント