忙しいママ必見!1日3回の飲み薬の変則的な飲ませ方

子育てのヒント

こんにちわ、ひとりっ子です。

保育園でお薬をお願いするのって正直めんどくさくないですか?

「おくすり連絡票」または「依頼書」を毎回記入しなくてはいけないし

不備があると職場に連絡が入り、ドキッとしたり・・・

今回は、1日3回のお薬を保育園で内服をお願いしないで済む方法をお教えします。

*あくまでも、風邪薬や整腸剤などのお薬です。抗生剤や慢性疾患のお薬ではありませんので

ご注意ください。

「子育てのヒント」保育園でのお薬事情とおもしろあるある。
こんにちは、ひとりっ子です。保育園看護師のいる保育園ではお薬を持ってきたら「連絡票」に従ってお薬を内服させます。私の働く保育園では、病院でもらえるお薬の説明書も一緒に持ってきてもらいコピーを撮らせて...

なぜ、食後なの?

食後に内服する理由は、胃粘膜に負担をかけにくくして

副作用などを予防する目的があります。

食欲がない時などは、温めたミルクを少し飲ませたり、

ヨーグルトやゼリーなど口当たりのいい食べ物を食べてから

お薬を飲むと良いでしょう。

内服の回数はどうやって決めているの?

子どもの場合、1日3回がほとんどだと思います。

幼児クラスになると2回にしてくれる病院も多いです。

乳児クラス(0・1・2歳児クラス)では、体重が少ない為

1日に内服するお薬の総量を2回に分けるより3回に分けた方が

1回分のお薬の量が少なく済むということです。

少なく済めば、副作用も出にくくなります。

内服回数のヒント

1日3回のお薬って、4時間あけて内服できることをご存じですか?

ちなみに、1日2回のお薬は、6時間あければ内服できます。

薬が効いてる時間を計算しての数字なんです。

なので、保育園でお昼に内服しなくても

寝る時間がわかれば、逆算して内服すればいいということになります。

いつも、21時に就寝するならお昼分は17時でもOK!

22時なら、18時。20時なら16時・・・

お薬を飲んでいるときは病気です。

保育園看護師としてちょっとだけお小言よろしいでしょうか。

お薬を内服しているということは、今まさに病気です!ということですよね。

基本、病気の時は保育園は休んでいただきたい。

もちろん、仕事で休めない!と訴えるのはわかります。

じゃあどうするか、お薬を持ってこなければ私たちは何も言いません。

おうちでお薬を飲む分には、私たちは一切何も言うことは出来ません。

薬を持って来て、延長保育マックスまで迎えに来ないのはどうかと思います。

本当に無理なら仕方ないと思います、テレワークなのに平気な親御さんがいることに

正直、「あなたが生んだ、大事な子だよね?」と疑問を持ってしまいます。

すいません。お小言から愚痴に代わってしまいました。

休むタイミングの見つけ方

保育園看護師をしていて、風邪をひいて熱が出たらコロナの事もあるのでみなさん

お休みしてくれます。ただ、咳がひどいとか鼻水がひどい時は休みません。

「熱はなくても、咳がひどい時はお休みしてください」とお願いしても

登園していますが、結局保育園で熱が上がり早退することがあります。

無理をした結果3~4日休むことになることも…

1度よく考えてみてください。

大人だって、(熱はないけど、体がだるい。ちょっと喉も痛いなぁ)なんて思っていても

無理して仕事に行って、結局熱が出てひどくなるってことよくあるんじゃないですか?

症状が出始めたと感じたら、その日に仕事を休むべきなんです。

子どもも一緒です。(なんかおかしいなぁ。いつもと違ってぼーっとしてる感じがする)

なんて時は、体調を崩すサインです。今、今なんです。

保育園を休ませてゆっくり過ごすと

次の日には元気になって登園できます。

このタイミングを逃すと、何日も保育園を休んだり、

病院受診を何度もしなくてはいけなくなったりすることになるんです。

子どもの変化に気づくことが出来ると、病気も早く治せたり予防できたりすると思います。

仕事を休めない親御さんほど、しっかり子どもの出しているサインに気づいて対応してあげて下さい。

コメント